ピアノを習い始めたけど、
もしくは、習おうと思っているけど、

 

お月謝ってどうやって支払うの?
どうするのがマナーなの? 

 

と疑問に思われる方も少なくありません。

 

今回は、私がこれまでに実践してきたお月謝のマナーについてを
まとめてお伝えさせていただきます。

今では振込の形態を取っているお教室もありますが、
個人のお教室では、まだまだ
お月謝袋にレッスン代を入れて渡す方法が主流です。

 

気を付けるポイントは、ズバリ2点!!

  

一つ目はお札の向き

 

封筒には表裏ありますが、
お金にも表裏があります。 

実は、封筒の表にお札の表がくるように
入れるのがマナー。

 

お札の表とはお顔がある方です。

 

封筒の表にお札の裏がくるように入れてしまうと、
それは御香典などの、
ご不幸があった時の入れ方で、失礼にあたります。

  

御祝儀などのお祝い事の時などは
御祝儀袋の表にお札の表がくるように
入れますよね? 

お月謝袋に入れる時も同じなのです。

 

2つ目は、新札を入れること
(折れてシワになってないお札でも可)

  

これは相手への敬意を表します。

 

想像してみてください。
ご自分がお金をいただく時に、
くしゃくしゃのお札をいただいて嬉しいですか?
ピシっと揃っていた方が気持ちよくないですか?

  

相手に喜ばれるような心遣いが出来ると、
良いかと思います。

  

以上2点が、お月謝のマナーです。

 

ちなみに、お月謝ではなく1レッスン制で、
レッスンの度にレッスン料をお渡しする場合は、

縦長の封筒の表に「のし」のイメージで、
【御礼 名前】を書くのが礼儀正しい方法です。 

 

ここでまとめたモノは、
どうしてもそうでなければならない
という訳ではありません。

 

あくまで相手を尊敬する気持ちの問題です。
それに、音楽業界の常識として定着していると
考えていただいて間違いはないと思いますので、
知っていて損なことではないと思います。

  

当教室の場合、
生徒さん方へ「そうしてください」とはあえて言いませんが、

お月謝のことについて、
ご質問されたらお答えさせていただいていますので、
2点とも実践されてる方は
もちろんいらっしゃいます。

  

そんな事でレッスンの質を変えるなんてことは
絶対にありませんが、
意識の持ち様が、技術の習得に違いを生むのを
多かれ少なかれ、あるようには感じています。 

 

相手に失礼のないように
大切なお金を気持ちよくお届けするためにも
ぜひ実践してみてください。
そして、楽しい音楽ライフを送って下さいね。

 

私は、そうやってお月謝をいただけると、
背筋がシャンとするような気分で嬉しいし気持ちがいいので、
自分がお世話になっている先生方へ
謝礼をお渡しする時や、人にお金をお渡しする時は、

自分自身の背筋を正す意味も含めて
必ず2点守っていますよ。

合わせてよく読まれている記事も読む

プロフィール
お教室の紹介