人が常にしている事ってな~んだ?
無意識にでも意識的にでも
どちらでも出来る事。

それをしないと死んじゃう事。

死んじゃうという事は
生命維持に関わる事なんだけど、

例えば、
心臓の鼓動を自分で止めるなんて事は
意識的には出来ませんよね!(笑)

髪の毛を伸ばすことだって同じ。
でも、その中で無意識でも意識的でも
出来る事があるんです。


そう、それが「呼吸」です。


普段の呼吸は意識していなくても

誰しも吸ったり吐いたり
深呼吸を意識的にしたり、

今の季節だと
プールに入って息継ぎをするために
呼吸に意識がいきますよね^^


この呼吸をする事は当たり前すぎて
あまり意識がいかないのが現実ですが、

これを正しく行えているかによって
健康や、精神や、表現に大きな差が
生まれてきます。


じゃあ、吸ったり吐いたりの
どちらが大事になってくるのでしょう?

これは人生の最後の瞬間を
想像してみると分かると思います。

人が亡くなる時の表現方法として
「息を引き取る」といいますよね。
吸う事は出来るけど
もう吐くことが出来ないという意味なんです。

もう分かりましたよね?

この言葉からも分かるように
生きている上で大切なのは
「息を吐く事!」なんです。

それも出来るだけ正しく。


じゃあ、正しい息の吐き方って何?

私も今までいろいろ経験してきました。
ピアノを弾くうえで呼吸は大切です。

高校生の頃の私なんて
3分くらいのエチュード(技巧的な練習曲)
を弾くとき、息を止めて弾いていたんでしょうね。

弾き終えた後には
ハァ、ハァ息切れしていましたから。

録音を聞き直すと、
普段のテンポよりはるかに速いテンポで
弾いてましたから、
まぁ、それはそれは猪突猛進なエチュードでした(笑)

よう指が回ったなぁ~と自分に関心します。

お恥ずかしいわ(笑)


でもそれでは良い音楽は出来ないと感じたので

腹式呼吸のやり方を本を読んだり
ヨガのスクールに通ったりして
やっと、腹式呼吸を
要は深く深く息を吐く事を学んだのです。


それで、最近の取り組んでいる中で
一番しっくりとくるものが
「合唱」と「声楽」です!!

高校や大学の副科ではありましたが
今の方がずっと中身の濃いモノを
学んでいます。

呼吸を操るといったらいいのでしょうか。

それが出来ると
今までとは違う私の声が聴けたり
声が当たるという感覚を覚えられたりして
とっても面白いのです^^

もちろん、ピアノだけ弾いていたら
分からなったフレージングの勉強も
自然と出来てしまいます。

そして、思わぬ副産物といいますか。

習い始めてから今まで
風邪・インフルエンザなどとは無縁の人生です。
熱だって出したことありません。(笑)


吐く事、呼吸を意識するだけで
2つも3つも得した気分です^^


声楽や合唱は身体が楽器だから
特別楽器を用意する事もしなくていいし
手軽に始められるのもいいですよね^^

いやいや自分には・・
と思う方は、呼吸を意識して
生活をされてみてください^^

今日はついつい長くなりました。
この辺で^^

 

音譜 コンサル
「ありのままの自分になる!」
         ☆こちら

音譜今後の出演予定の演奏会 

○合唱劇「銀河鉄道の夜」

詳しくは☆こちら☆
○ピアノデュオリサイタル   

三重公演

   12月10日(土)時間未定
                             場所:津リージョンホール
名古屋公演
    12月14日(水)時間未定
                              場所:HITOMIホール
 
   チケットのご予約を承ります! 
メッセージか、お問い合わせよりご連絡ください。
 
 
 

♪ 北みずの坂音楽教室 ♪
  ピアノ ・ ソルフェージュ ・ 楽 典

 ☆ コースメニュー 
  ☆Resonance Programについて
 ☆ 無料体験レッスンお申込み ピアノ30分のみとさせていただきます。
 ☆ お問合せ
 ☆お申込みの前にご一読下さい
 ☆ お申込み 定員

になり次第締め切らせていただきます。