人前で演奏するのは緊張する・・・。

 

 

生徒さん方もほぼ100%の確率で

「本番前は緊張する・・・」と

こぼされます。

 

 

今度2月12日に試演会を予定していますが、

試演会でも緊張する・・・・と。

 

 

試演会はあくまで試演会だから

肩の力を抜いてね~!!(笑)

 

 

そこで!!

最近生徒さんから、よく聞かれる質問。

 

 

「どうやったら緊張せずに弾けますか?」

 

 

もちろん、私だって緊張します。
というか、
緊張しない人なんていないんじゃないでしょうか。(笑)

大御所の人だって
↑実際に全国でご活躍されている歌い手さんです。
緊張するものです。

 

 

でも、せっかくなので、

私が実際にしている方法の一つをご紹介します。

 

 

もっと良い方法があるのかもしれないけど、

私は以前これを試して効果があったので

この方法をシェアします。

 

 

答えは、

緊張そのものがいけないのではなく、

何をしたら緊張がほぐれていくかを考えて実践して

緊張している事すら楽しめるようになったらいいのです。

 

 

そんなむちゃな・・・(笑)

 

 

いや、むちゃではありません!!

 

 

楽しい悲しいという感情すらも

自分で選択することが可能です。

 

 

ということは、緊張している自分を

自分自身で創り出してしまっていると

思ってください。

 

 

そんな自分に気付いたら、

その創り出した自分にあだ名をつける。

 

 

私の場合なら「ド緊張ともちゃん」ってところかな。

 

 

そして、その子に語りかけるのです。

「大丈夫だよ~」って。

 

それから

「深呼吸してみようか。」とか

「このフレーズ、よく聴いてみようか」とか

「ちょっとストレッチしてこわばった筋肉を

ほぐしてみようか」

 

など、実際に指令を出して実践していくのです。

 

 

そうすると、いつのまにか

ド緊張ともちゃんは、静かに胸の中ですやすや眠ってくれます。

 

 

その代りに起きてくるのが、集中力さんです。

 

 

そもそも緊張するってことは、

良い音楽がしたい!っていう

心の思いの表れ。

 

 

それが無ければ、

何もない演奏になってしまう。

 

 

だから、緊張とお友達になってしまえば

いいのです。

 

 

言い過ぎたか?(笑)でも実際そう。

 

 

緊張するのと集中するのとは

全くべつのもの。

 

緊張=集中の思考になってしまうと

自分の力が思うように発揮できません。

 

 

だから、適度な緊張の上に
集中力を磨く。
 
 
そうする事で、緊張している状態が
良い状態として循環していきますよ^^
 
 
 

 

image

 

宝石緑最新情報配信中! NEW
  【はじめの一歩  ~ 私はわたし ~ 】
    購読は
こちら 
宝石ブルーイベント・演奏会情報
   2月2日(木)11:30 開演      ~至極の2台ピアノ~  チケット発売中
      宗次ホール
       1月29日(日) 感性を磨こう遠足 Vol.2  【申込締切ました】
  2月12日(日)  ♪ ホールレッスン&試演会 ♪     【満員御礼】
宝石緑メニュー
   音楽教室
   各コース内容はこちら 
   特別コース「Resonance Program」
宝石緑お問合せ
宝石白お申込みの前にご一読下さい
宝石紫只今、新規のご入会を受付ておりません                                                       
                           by  北みずの坂音楽教室