私は志事がら、

いろいろな人とご縁をいただいて、

一緒に音楽を創ったり学んだり

教えたり共有したりしていますが、

 

 

同じ時間を過ごしていると、

ある時

2タイプの人がいると気付きました。

 

 

1つは、

「私に必要なメッセージを届けてくれているんだ」

と思って、物事を見て、

 

誰かの学びは自分の学びでもあるんだ、と、

様々な事から気付きを得て、先に進むタイプ。

 

こういうタイプは、

何事も経験で、全て自分を創るために

必要な事と判断して学んでいきます。

 

 

もう一つは、

「なんで私だけこんな事を言われなきゃいけないんだ」

と思って、物事を見て、

 

そこで止まってしまうタイプ。

 

今、必要なことをもぎ取るチャンスが目の前にあるのに

それをもぎ取れない人。

 

自分に自信がある人ほど

陥りやすい傾向があるように感じます。

 

 

私も、モノゴトを

 

あんな事言われて嫌だな・・・とか、

なんで私だけ・・・とか、

あんなこと言われて悔しい・・・と、

 

そういう風に捉えていた時があります。

 

 

でも、それを私に伝える方だって

それを私に伝えて私がどんな気持ちになるかを

知った上で、伝えているんだ!と

(そうとも限らない場合もあるけど、

それは受けて側の取りよう。)

分かってからは、

 

 

じゃあ、嫌だと思っている事にも目を向けて

そこをクリアにしていけば

私はもっと先へ行けるし、成長できるんだ!

 

と思い直すことが出来ました。

 

 

飛んでくる言葉や

伝わってくるすべてのモノは、

全て自分に向けられたメッセージだと

捉えられるようになって、

 

そこから

何故この人はこう考えるのだろう?

何故この人はこんなことを伝えるのだろう?

何故この人は私にこういう態度を取るのだろう?

 

 

と、考えるようになった。

 

 

そしたらね、

やっぱりそれは、

自分に足りてない部分だったんだよね。

 

 

もしくは、自分がそれを認めたくないと

思っている部分だった。

 

 

と気付いたわけです。

 

 

そこからかな、

私の人生が豊かになっていったのは。

 

 

私を例にしてみたけど、

あなたはどちらのタイプの人間ですか?^^

 

 

 

 

 

 

 

◇無料で配信中◇
  【はじめの一歩  ~ 私はわたし ~ 】
       登録は
こちら
◆イベント・演奏会情報
◆募集中メニュー
   音楽教室
   各コース内容はこちら 
   特別コース「Resonance Program」
お問合せ
お申込みの前にご一読下さい  
◆無料体験レッスンお申込みはこちら 
◆入会お申込みはこちら                                             
                   ピアノ 楽典 ソルフェージュ   by  北みずの坂音楽教室