自分らしさと自分の枠にはめるのとでは、

大きく違う。

 

 

私らしさを追究するためには、

どちらかといえば【解放】

つまり、外向きな考えになるのですが、

 

それを「自分の枠にはめる」と勘違いしていると

どうなるか・・・。

 

 

自分というものに、

がんじがらめになっていき、

気付けば他人を一切受け入れられなくなっていきます。

 

 

私は○○だから

私はこういうタイプだから

 

 

と言って自己分析する事は悪くないと思う。

 

 

問題はそこから先だ。

 

 

私は○○だから、

こういうタイプだから

 

 

といって、

今まで通りの範囲の中で生きていくのか

 

 

こういうタイプだから、

違うタイプになってみよう!

もしかして、やらない言い訳を

しているだけじゃないか?

 

 

といって、視野を広げようとするのか。

 

 

では、かなり結果は違ってくる。

 

 

だから、私は

【やりたいと思った事はやればいい。】

【何事も経験しないと分からない。】

という事を伝えているんだけど、

 

 

中には、私には無理です。

 

 

といって、一切の受け取り拒否をする人もいる。

 

 

だったら私の所に来るなよ。

 

 

無理と決めている人に無理じゃないよ!という

時間と労力を使うほど、暇じゃない。

 

 

ピアノ始めたいんです。

でも、全然楽譜読めないから無理なんです。

それでも大丈夫ですか?

 

 

いやいや、無理って決めている時点で

無理だよ!

 

 

教えてもらうためにはさ、

無理と思っている事が

 

 

【どうやったら】出来るようになるか

 

 

が前提としてないと、

あなたは時間と労力泥棒ですか?っと

聞きたくなる。

 

 

自分の枠にとらわれすぎている人、

私には出来ないと、勝手に思い込んでいる人

 

 

それを前面に押し出して、

何のアピールですか?

 

 

私は、【どうやったら】出来るようになるか

を教えているんです。

 

 

自分の枠を勝手に決めないでください。

あなたの枠はもっともっと無限に広いのに、

何故狭く狭くするんですか?

 

 

自分で自分のことを

しばっていることに、

早く気付いて欲しい。

 

 

私には全く関係ないんだけどさ、

そういう人が目についたので

記事にしました。

 

 

頼むよ、本当に。

 

「無理」が前提では

こっちは何も伝えられないんだよ!

 

 

◇無料で配信中◇
  【はじめの一歩  ~ 私はわたし ~ 】
       メルマガ登録は
こちら
◆イベント・演奏会情報
◆募集中メニュー
   音楽教室
   各コース内容はこちら 
   特別コース「Resonance Program」
お問合せ
お申込みの前にご一読下さい  
◆無料体験レッスンお申込みはこちら 
◆入会お申込みはこちら                                             
                   ピアノ 楽典 ソルフェージュ   by  北みずの坂音楽教室