ピアノの導入期

全ては「先生」で決まるといっても

過言ではありません。

 

 

先生との相性というのは、

侮ってはいけません。

 

 

私はいわば音楽界に

籍を置いている人間です。

 

 

その音楽界の人間からしたら、

 

いかにこの世界に興味を持ってもらえるか。

いかにこの世界を発展させられるか。

いかにこの世界を一般に普及していけるか。

 

を考えて日々活動しているのです。

 

 

その第一歩に当たる部分が

ピアノである場合が非常に多く、

 

特に、幼稚園~小学生の低学年の

導入期と呼ばれる時期がそれにあたります。

 

 

その導入期に音楽って面白くないじゃん。と

一度でも思ってしまうと、

「私は音楽が苦手なんだ」と認識し、

音楽を自ら遠ざけようとしてしまいます。

 

 

導入期に間違って伝えると、

それを植え付けてしまいますので、

(もちろん、大人の場合だって同じですが)

 

先生選びは非常に大事になってきます。

 

 

実は、「ピアノきら~い。」

と言っている子の大半は、

よくよく聞くと、「先生が嫌い」に行きつくのです。

 

 

これは、自らの小学校の非常勤講師時代に

実証済みです。

 

ピアノや音楽だけではなく、

他の教科でもばっちり当てはまりましたから(笑)

 

 

子どもの目は、素直で純粋です。

 

先生がどんな対応をしているのか。

どれだけ自分のことを見てくれているのか。

 

それを瞬時にキャッチしています。

 

と同時に好きも嫌いも瞬時に判断するからこそ、

ファーストコンタクトで失敗すると、

あと取り戻すのが大変なんです。

 

 

以前、無料体験レッスンを受講された方で、

 

「(弾けるようになって)顔が溶けるほど嬉しい」

「ピアノがもっと好きになった^^」

 

と伝えてくださった方がいました。

 

私自身、とても嬉しかったのを覚えています。

 

 

その後お母さまからご連絡いただき、

事情があり別のお教室へ入会したとお聞きしました。

 

 

昔の私なら、なんだよ・・・。と思う所でしょう。

今はちょっぴり残念だな、と思いますが、

それよりも何よりも安心しました。

 

 

それは何故か。

 

 

その方とピアノとのご縁を良い状態で結べたこと。

嫌いになって入会を辞めたわけではなく、

ピアノが好きで別の所でも始めてくれたこと。

音楽との出会いを素晴らしいモノにできたこと。

 

が分かり、

 

その方の可能性を摘んでしまう事がなくて

良かったと心から思ったからです。

 

 

そう、一番怖いのはその子の可能性を潰す事。

 

 

私はそれが一番怖いと思うからこそ、

ファーストコンタクトはかなり重要な位置づけに

しています。

 

 

だから、結果的に

その子のピアノの可能性が開いた事が

嬉しかったんです^^

 

 

どんなレベルの生徒さんだって、

そこから楽しさを見出せなければ続かない。

 

 

だから私は

ピアノ・音楽って楽しい!と思う心を

育てていくピアノレッスンを心掛けています。

 

 

あなたのピアノ人生

より豊かなモノとなりますように、

陰ながら応援させていただきますね^^

 

 

無料体験レッスンお申込、受講

ありがとうございました。

 

 

◇無料で配信中◇
  【はじめの一歩  ~ 私はわたし ~ 】
       メルマガ登録は
こちら
◆イベント・演奏会情報
◆募集中メニュー
   音楽教室
   各コース内容はこちら 
   特別コース「Resonance Program」
お問合せ
お申込みの前にご一読下さい  
◆無料体験レッスンお申込みはこちら 
◆入会お申込みはこちら                                             
                   ピアノ 楽典 ソルフェージュ   by  北みずの坂音楽教室