今日は、表現について書きます。
 
 
「野村知子」と聞いて
一番イメージをされやすいのは、
 
 
「ピアノを弾く人」
「ピアノの先生」
 
 
です。
 
 
その他に、歌をやってます!
声楽も教えています。
 
合唱も好きだから、
合唱指導もしているし、実際に合唱にも
取り組んでいます。
 
というと、皆に驚かれます。
 
 
同じ音楽なのにこの違い。(笑)
 
 
さらに、経営している教室では、
「感性を磨こう遠足」とか開催して、
 
 
心を磨くために障害になる
思い込みだったり、思考の癖だったりを
取り除いて、
ありのままの自分になるお手伝いも
してるんです!
 
 
とか言うと、これまたかなり驚かれます。(笑)
 
 
その結果、
 
頭に浮かぶ私のイメージと
私から受けた実際の印象が違う時、
 
ギャップが生まれて、
「知ちゃん」て面白いね。という事に
なるのです。
 
 
ここ最近、畑に精を出しています!というと、
 
 
「庶民的な一面もあるんだね~!
 ずっと、土なんか触りません!という人だと思った!」
 
とか
 

「ピアノの先生らしくないですね~」

 

とか言われる。

 

 

でも、これは私にとっては大歓迎。

 

 

なんで大歓迎なんだろう・・・と考えていたら、

多分、これめちゃ大事なんだと思うけど、

 

 

野村知子と聞いたら、

 

「ピアノを弾く人」

「ピアノの先生」

 

という固定されたイメージ・枠にはめられるのが

すごく嫌なんだと分かったのね。

 

 

野村知子と聞いたら、

 

ピアノも弾けるけど、

 

「いろいろな事やってて、

めちゃめちゃ人生楽しんでいる人だよね~!」

 

 

という風にそのものを覆したいんです。

 

 

だから、自分でも言うけど、

 

私はピアノの先生らしくない、

ピアノの先生をしているんです。

 

 

ピアノ教室を経営しているけど、

そこは私の一番の強みではないし、

ピアノも同じこと。

 

 

私の一番の喜びは、

自分も含めて他人が幸せになっていく

そのものの過程を共有しながら

見守り支えていく事。

 

充実して幸せになった姿を見ること。

 

と気付いてから、

私の音楽人生は大きく変わったと思います。

 

 

それこそ、コーチが天職なのだと思います。

 

 

それを伝えたいから、

教室を経営しているのかも。

 

 

ピアノを教えたい!というより、

人を育てたいのです。

 

 

ありのままの自分になれないと

悩んでいる人にこそ、

勇気を持って、

門をくぐってきてほしいと思います。

 

 

自分の表現方法が分からない人にも

音楽を通してその方法をお伝え出来ます。

 

 

もちろん、音楽をやっていて

思うように奏でられない・・・という人も

歓迎します。

 

 

息詰まってしまった全てのモノを

水が流れるように

ほどいていきませんか?

 

 

どこで絡まってしまったのか、

それを探り、ほどくお手伝い

いたします。

 

 

おっと!

当初、書きたかった表現の話とは

別の話を書いていた。

まぁ、そんなことはしょっちゅうです。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

◇無料で配信中◇
  【はじめの一歩  ~ 私はわたし ~ 】
       メルマガ登録は
こちら
◆イベント・演奏会情報
     チケット発売中!!
  8月19日20日 合唱オペラ「ごんぎつね」
◆募集中メニュー
   音楽教室
   各コース内容はこちら 
   特別コース「Resonance Program」
お問合せ
お申込みの前にご一読下さい  
◆無料体験レッスンお申込みはこちら 
◆入会お申込みはこちら                                             
                   ピアノ 楽典 ソルフェージュ   by  北みずの坂音楽教室