ピアノを弾く時も歌う時も、

知らぬ間に力んでいる時ってありますよね。

 

 

私はよく顎に力が入っている事があります。

歯を食いしばっている状態です。

 

 

そうすると、

全然伸びやかな音楽にならないんですよね・・・。

 

 

昨日は声楽のレッスンだったのですが、

声を出すって本当に正直。

身体や心に抱えているストレスがよく分かる。

 

 

自分の気付かない所で緩んでないんだな~と

昨日は沢山の気付きがあるレッスンでした。

 

 

顎、固すぎ・・・と何度も言われました。

 

 

でも、そこが緩んだ途端に、

「ここっ!!」っていうポイントに

当たる当たる!!!(笑)

 

音楽がつらつら~と前に進む感じの推進力がつくし、

歌っていて全然辛くない!むしろ楽しい!

 

 

いやぁ、こんなにも違うのか、と驚きました。

 

 

それがいつでも出来る様にしっかりと復習します^^

 

 

私は合唱団の指導や

声楽のレッスンもさせていただいているので、

自ら歌う事もしています。

 

とは言ってもまだまだですが、

 

歌の良さは、心と身体の解放にあると感じており、

ピアノとはまた違う表現の仕方や身体の使い方をしますが、

どれもピアノに通じるところがあって、

それを取り入れる事で双方が良くなるので、

 

毎回のレッスンも歌う事自体も

とても楽しく学ばせていただいてます。

 

 

ピアノの音が固くて困っている方とか、

自分の音がどうにも好きになれない方は、

重心の取り方と身体の必要な個所が緩んでいない証拠です。

 

 

もちろん、ピアノを弾く時は力が入るんだけど、

無駄な力はやっぱり要らないよね。

 

 

大学を卒業してからの脱力の仕方の変化は

歌のレッスンで覚えていったというくらい、

ピアノと歌は私にとって

とても良い組み合わせだったみたいです^^

 

 

本格的に声楽家を目指します!という方は、

専門の先生をご紹介いたしますが、

 

趣味でやりたい!

合唱で上手く歌えるようになりたい!

自分の好きな歌を思い通りに歌いたい!

ピアノ科の方で、音を伸びやかにしたい!

柔らかい表現力を身に付けたい!

 

 

という方に声楽のレッスンをオススメします^^

 

 

私の次なる夢は自分の合唱団を作る事。

そして、次の発表会で1曲でもいいから発表する事。

 

 

気の置けない仲間と共に

合唱やりたいなぁと今日思うこの頃です照れ

 

 

 

 

 

 

          

 

チューリップ黄北みずの坂音楽教室チューリップ黄