「あなた、私に嘘ついてませんか?」

と他人を疑い始めると

知らない間に自分の心に大きな闇が広がり、

色眼鏡というフィルターがかかる。

そして、最終的には

それが正しい!絶対そうだ!あなたが悪い!

という思い込みを無意識のうちに作る。

疑われた方も

身に覚えのない事だとしたら

「何故?」と戸惑うし、

身に覚えのある事だとしたら

「やばい!バレる!」と

守りか攻めのどちらかを強化する。

そして、結果、

「あの人はこうだ!」という

これまた無意識に色眼鏡で見た思い込みを作る。

その色眼鏡はお互いにちょっとやそっとでは

決して取れない。

かけている事すら

気づいていないかもしれないけどね。

他人は自分自身の投影であり、

常に自分はどうか?と意識が向けられたら

もしかしたら、

突破する糸口が見えてくるかもしれません。

現実がどんな状況だとしても

それはやはりあなたが望んだ(思った)事で、

そこには必要なメッセージが

込められているのだから。

人間だもの、いろいろあっていいじゃない

その自分の中にある頑固な固定観念、

要りますかね?

もっと大切な事に目を向けた方が

いいんじゃないかなぁ。と

久々にお節介をやいてみるウインク

おやすみなさい。

 

 

アップお蔭様で好評をいただいていますアップ

音楽の理論を少しかじってみませんか?

「分かっているけど改めて聞かれると分からない事ってこんなにもあるんだ!」

という嬉しい感想を早速何通もいただいています音譜

 

 

 

アップブログでは書ききれない濃密なお話を書いていますアップ

メルマガ読者割引もあり目

 

 

          

 

チューリップ黄北みずの坂音楽教室チューリップ黄