声楽や合唱指導をしていると、

どうしても

「音が取れな~いえーん

と悩んでらっしゃる方とお会いします。

 

 

そのお気持ち、

最近になって分かるようになりました。(笑)

 

 

私は、昔から音を聴きとる事に関してだけは、

自信があって、

 

ソルフェージュはいつも満点近くニヤリ

何なら先生と「この問題ならどうだ!」くらいの

静かなる駆け引きをするくらいでしたから。←嫌な生徒真顔(笑)

 

 

でも、大人になって合唱を始めて、

ん?音が取れない・・・と悩む時期がありました。

 

 

基本的な音程は取れているのですが、

ハーモニーが生まれないというか、

生まれているんだけど何かずれている。

という感覚で、どうにも気持ち悪い経験を多々しました。

 

 

何故だろう・・・と考えた末行きついた答えが

これでした。

 

 

固定ド移動ドの問題。

 

 

固定ドというのは、実音で聴こえてくること。

ドは「ド」だし、レは「レ」という風に、

鍵盤で押さえた音が

そのまま聴こえてくることです。

 

移動ドというのは、

「ド」がいろいろな所へ移動する事で、

 

例えば、実音で

「ソ-ラ-シ-ド-レ-ミ-ファ♯-ソ」と

ト長調の音階を奏でた時に

「ド-レ-ミ-ファ-ソ-ラ-シ-ド」と聴こえる事。

 

この場合、

実音ソは「ド」、実音ラは「レ」と

聴こえているのです。

 

 

これは私の耳になかった聴き方で、

もちろん、固定ドの私には、

ばっちり実音で、

「ソ-ラ-シ-ド-レ-ミ-ファ♯-ソ」と聴こえてきます。

 

 

でもね、

この聴こえ方の差こそが、

良いハーモニーが作れない・・・

の原因だったんです。

 

 

歌を歌う時は、圧倒的に移動ドで取った方が

音程は正しくなり、

歌う方も歌いやすくなります。

 

 

バリバリ固定ドの私には

この作業は本当に大変で、きつい・・・えーん

 

けれど、一度でもきちんと移動ド確認して、

それから皆と合わせると本当に綺麗なハーモニーが

作れたから不思議なんです。

 

 

何故移動ドの方が音が取りやすいかは、

無意識のうちに出来ている事なので

気付きにくいのですが、

ちゃんと理論として裏付けもあります。

 

 

それはまた別の機会でお話ししましょう^^

 

 

まずは、自分が固定ドの耳を持っているのか

移動ドの耳を持っているのかを知るところから。

 

 

一番いいのは、固定ドでありながら

移動ドを理解して応用できること、かな。

これは私の経験上のお話です。

 

 

音が取れない箇所は

ぜひ移動ドで取り直してみてください^^

すると、各段に歌いやすくなりますよ!

ぜひ、やってみてね口笛

 

 

 

楽典の知識を机上のモノだけにするのではなく、

活きた知識に変えませんか?

無料メール講座「ミニ楽典講座」の受講生を対象に

今後、補講という形でオンラインスクールを開設します。

 

 

この無料メール講座、

全く楽典という知識を知らない方のために作ったものですが、

なんと!現職の音楽の先生・ピアノの先生が

大変多く登録して、受講してくださっています。

とても嬉しいです^^

 

 

そこで!!!

生徒さんにこれを説明したいけど、

どうしていいのか分からない。とか、

受講してみたけど、

この意味が分からない。とか、

ここの理解これで合っているか

自信がないから質問したい。

 

 

という不安なお気持ちを解消できればと、

受講生を対象に補講を行う事に致しました。

ここでしっかり理解へとつなげて、

ぜひご自分の音楽活動に活かしていって

頂きたいと思います。

 

 

しかも、オンラインなので、

パソコンがあればどこでも受講可能だし、

ご希望とあれば、マンツーマン補講も可能ですので、

誰にも知られずお家で

こっそり苦手を克服出来ちゃいます!

 

ご自宅・空いた時間などを

ぜひご活用ください。

 

 

詳細は、近日中にお伝えします!

 

 

 

 

アップお蔭様で好評をいただいていますアップ

音楽の理論を少しかじってみませんか?

「分かっているけど改めて聞かれると分からない事ってこんなにもあるんだ!」

という嬉しい感想を早速何通もいただいています音譜

 

 

 

アップブログでは書ききれない濃密なお話を書いていますアップ

メルマガ読者割引もあり目

 

 

          

 

チューリップ黄北みずの坂音楽教室チューリップ黄