皆さんはお教室にお月謝を納める時
お月謝袋にレッスン代を入れますよね。
 
 
その時、
お札の向きって、気にしてますか?
 
 
封筒には表裏ありますが、
お金にも表裏があります。
 
 
実は、封筒の表にお札の表がくるように
入れるのがマナー。
諸説あるかもしれませんが
私はこう習い実践しています。
 
 
お札の表とはお顔がある方です。
 
 
まれに封筒の表にお札の裏がくるように
入っている時がありますが、
 
 
それは御香典などの、
ご不幸があった時の入れ方です。
 
 
 
御祝儀などのお祝い事の時などは
御祝儀袋の表にお札の表がくるように
入れますよね?
 
 
お月謝袋に入れる時も同じなんです。
 
 
あとは、
新札(折れてシワになってないお札でも可)
を入れる事もマナーの一つ。
 
 
これは相手への敬意を表します。
 
 
私は今までずっとこの2点を
しっかり守ってここまでやってきました。
 
 
でも、どうしてもそうでなければならない
という訳ではありません。
気持ちの問題です。
 
 
2点とも実践されてる方に
共通して言えるのは
受け取る意識が高いため、
必然的にレッスンの質が高くなるという事。
 
 
そんな事で私自身のレッスンの質を
変えるなんて事は絶対にありませんが
 
受け取り力があるかないかでは
やっぱり進度や力のつき方に違いが出ます。
それは当然の事です。
 
 
私自身も、
そのようにしてお月謝をいただけると、
背筋がシャンとするような気分で
嬉しいし気持ちがいいので、
 
 
自分がお世話になっている先生方へ
謝礼をお渡しする時や、
人にお金を渡す時は、
 
自分自身の背筋を正す意味も含めて
必ず2点守っていますよ(o^^o)
 
 
目に見えないからこそ、
ちゃんと気持ちを伝える事って大事です。
目に見える形に出来るものは、
相手に伝えやすいでしょ?
こういう所からさりげなく
意識高い系に美しく変身しましょおねがい